映像機器 : 8Kフルスペック対応フレームシンクロナイザー

8Kフルスペック対応フレームシンクロナイザー OEM対応

主な特長と機能

特長

次世代高精細映像8K放送が世界的にも注目される中、国内でも2018年の実用放送が予定され、放送業界では実現に向けた取り組みが進められています。ARIB STD-B58として機器信号伝送を光化して収束する規格(U-SDI )が策定され、従来は約100本のBNC同軸ケーブルで行っていたデータ送信をBNCと同等サイズのU-SDIケーブル1本で大容量の8K非圧縮データを送信することが可能となりました。8Kカメラ等の映像出力機器、編集機、録画装置等の映像入力機器も増えてきており、従来の放送機器同様、2値若しくは3値の基準ビデオ信号を用い、複数機器間のフレーム同期を取る必要性が出てきております。
本機は、ARIB STD-B58に対応したフレームシンクロナイザーとなり複数機器間のフレーム同期の他、音声信号同期を取ることで8K映像、音声伝送品質を向上させることを可能にしました。

コンパクトな2Uサイズでフルスペック 8KSHV映像対応のフレームシンクロナイザー。

最上位の映像フィーマットに対応

超高精細度テレビジョン方式スタジオ規格
画素数7680 ×4320、フレーム周波数120Hz、60Hz
信号形式RGB サンプリング構造4:4:4、映像サンプル
のビット数12bit、映像ダイナミックレンジがHDRの映像に対応。

8K 映像入力
自動認識
RGB 4:4:4 12bit
RGB 4:4:4 10bit
YCbCr 4:2:2 12bit
YCbCr 4:2:2 10bit
YCbCr 4:2:0 12bit
YCbCr 4:2:0 10bit
8K 映像出力
自動(入力と同じ)
RGB 4:4:4 12bit
RGB 4:4:4 10bit
YCbCr 4:2:2 12bit
YCbCr 4:2:2 10bit
YCbCr 4:2:0 12bit
YCbCr 4:2:0 10bit

Genlock機能

入力された映像・音声を外部同期信号に合わせたタイミングで出力が可能です。

フリーズ機能

入力映像が断、または、データエラーとなった際に、その直前の正常なフレームの映像もしくは黒画像を静止画として、正常な映像信号が入力されるまで保持をおこない、エラー画像表示を防止。

音声同期・遅延機能

補助信号領域に重畳されている音声信号(MADI)の分離を行い、任意の設定時間(0~500ms 内)遅延させたのち、再度映像信号に多重することが可能です。

ログ保存機能

フリーズ機能が動作した日時と発生したエラー、入力映像フォーマット等をログデータとして記録し、出力が可能です。

拡張機能(オプション)

拡張機能とし、MADI 音声入出力が可能。

ブロック図

製品外観

製品PDFダウンロード

詳細仕様

光入出力 ・アナログビデオ入力(BNC:75Ω)※525i/59.94(2値)、
1080i/59.94or60(3値)
ビデオフォーマット自動認識サポート
・ループスルー ビデオ出力(BNC:75Ω)
外部同期入出力インタフェース 24Link_INPUT×1Port
ARIB STD-B58 準拠
転送レート:10.6912Gbps又は、
10.6912Gbps÷1.001の8B/10B符号データサポート

・Optical_Receiver_Spec
波長:Typ850nm(840~860nm)、
受信感度:-9.9dBm、伝送距離0.5-100m

Fiber、カプラ挿入損失除く、Fiber OM3時

LCD、照光スイッチ 音声(0~500ms)、映像遅延量(0~1frame)等のパラメータ設定用
電源 100-240VAC(50Hz/60Hz)給電、最大動作時:160W
外形寸法 435mm(幅)×540mm(奥行)×88.9mm(2U高さ)
ラックマウント金具、突起物含まず。19inchラック搭載可能

本製品の仕様は、予告なく変更になる場合がございます。
本製品に関するお問い合わせは下記お問い合せフォームまたは、電話で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。