採用情報 -Career-

開発手順Development procedure

やる気とスキルで、チャンスいっぱい!

【チームの編成】
やる気とスキルでプロジェクトスタート

ひとつのプロジェクトが決定すると、まず仕事の指揮をとるチームリーダーが決められます。メンバーの編成は、そのプロジェクトに対しての個人のスキルや日程などに合わせて決まります。
グループや部門の枠にとらわれず、スキルを考慮し、また本人の意志も尊重されます。やってみたいプロジェクトがあれば、いつでもチャンスはあります。ただ『やりたい』だけではなく、本人の実力も考慮されるので、努力ももちろん必要です。

【打合せ】
全体を見渡し、スケジュール決定

プロジェクトチームが決定したら、次に打合せが行われます。
これは、お客様からの納期に対してどのように仕事を進めていくのか、また完成予定日など、納期に合わせて検討します。この打合せは、客先で行うことや社内で行うこともあります。そのプロジェクトによって様々です。
その中で新人は、先輩について打合せに参加し、プロジェクトを理解していくのです。

【仕事書の作成】
さあ、製品の設計図に着手

お客様の要望に基づいて、機能・性能・形状などに関する仕様をまとめます。この仕様書は仕事の中で非常に重要なものです。
お客様から頂く場合もありますが、これを最初から理解できる新人はいません。理解は出来なくても少しでも理解する為に、前回のプロジェクトの仕様書を見たり、先輩からの指示や説明をうけたりしながら少しずつ理解できる様になっていきます。こういった中で、先輩とのつながりが出来ていくのです。

【仕様書の検証(レビュー)】
徹底的に総チェック

出来あがった仕様書は、関係者全員で徹底的に調べます。当社のレビューは、関係者全員が出席するのでもちろん新人も参加します。
そしてそれは、新人も自由かつ積極的に発言させてもらえる雰囲気の中で行われます。しかし、経験も浅く知識も勉強段階の新人に関しては、内容を理解することも難しいので、自分で仕様書について学んだり、わからない部分は先輩に聞くなど理解を深めることが、まずは必要になります。

【設計】
よしっ!実際に製品の製作開始だ!

この段階で、プロジェクトチームの中でそれぞれ担当に分けられます。メンバーの中でスキルや希望を考慮し、チームリーダーが担当を決定していきます。
ここでは順番に担当が決定していくわけではなく、個人の能力や希望(実力が伴っていないと難しい)などを考慮したうえで決定されます。いつも希望が通るというわけではありませんが、やりたい仕事にチャレンジできるチャンスがあるということです。

【設計の検証(レビュー)】
すべての作業をチェック・チェック!

各設計作業に対して、見落としやミス・誤解がないかどうかを設計者を含めた関係者がチェックする作業です。
ここで最終的に設計に対するチェックが徹底的に行われ、自分の設計が検証されます。新人はさすがに理解できない部分が多いのですが、参加することによって少しずつ理解を深めていきます。

【デバッグ】
あれれ?動かないぞ!?

仕様書に基づいて設計した装置が、仕様書の機能・性能を満足するようにする作業です。簡単にいうと、今まで設計してきた製品を動かす為の作業となります。例えば回路を設計して、組み立て、ここで実際に動かすための作業です。
『動かない』という選択肢はありません。設計したものを動かす為に試行錯誤を繰り返し、原因を追求していきます。
この工程では、動くまでずっと作業が続くので、夜遅くまで仕事をすることもしばしばあります。

【評価試験】
我が子に試練を

仕様書に基づいて設計した装置が、使用環境に適しているか、各種規格を満足しているかを確認する作業です。
実際動いた製品に対して、様々な環境を試してみるという作業です。実際にお客様が使用する環境を想定して、必要最低限の環境を試験し、更により厳しい環境を想定し、評価試験を進めていきます。
プロジェクトにより違いますが、何百~何千という評価項目をクリアします。

【納品】
やったね!ついに製品完成!

遂に完成です。自分達が作った製品が売れ、お客様が喜ぶ顔を見た時の達成感は何ものにも代え難い感動があると思います。
今までの苦労が吹き飛ぶでしょう。実際にお客様に納品するのは営業部門の場合もありますが、開発部門でお客様に納品するのは大体チームリーダープラス何名かなので、新人はあまり参加しませんが、希望があれば参加可能ということですので、『やる気』で何でもチャレンジすることをお勧めします!

< 前のページ

  • 仕事環境
  • 採用基準
  • 研修教育
  • 開発手順

採用に関するお問合せは、下記よりお願い致します。

株式会社OA研究所 総合管理室 人財担当まで

お問合せフォームはこちら お電話でのご相談はこちら
PAGE TOP