• ホーム
  • >
  • 企業情報
  • >
  • 企業概要・沿革

企業概要・沿革 -Corporate-

企業概要Corporate

会社名 株式会社OA研究所
英語名称 OA LABORATORY CO.,LTD.
設 立 1965年(昭和 40年)2月
資本金 4億5,100万円
主要株主 富士ソフト株式会社(東証一部上場)
役 員 代表取締役社長 矢田 善春
常務取締役 小原 義徳
取 締 役 佐藤 郁男
監 査 役 森田 秀英
従業員数 162名(2017年1月現在)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
横浜銀行 三菱UFJ信託銀行
認定等 VCCI協会 正会員
*神奈川県公安委員会許可 機械工具商
 (第452650001804号)
*ISO9001審査登録(登録番号:SAQ1791)
 (財)日本規格協会
*IoT推進コンソーシアム 法人会員
*超高速フォトニックネットワーク開発推進協議会 法人会員
会社案内ダウンロード 会社案内 PDF
カレンダー 2016年カレンダーPDF
2017年カレンダーPDF

企業沿革Company History

1965(昭和40年) 2月に会社設立(資本金200万円)
本社:横浜市戸塚区
NC関連のエンジニア会社としてスタート
その後、コンピュータ並びに周辺機器事業を開始
1967(昭和42年) ソフト部門新設
1973(昭和48年) 鎌倉市上町屋に本社社屋竣工
1979(昭和54年) 資本金1,000万円に増資 周辺機器の開発・生産開始
1980(昭和55年) 藤沢工場竣工
1982(昭和57年) 藤沢工場増設
1984(昭和59年) LAN関連機器のOEM生産開始
1986(昭和61年) 資本金1億円に増資
1990(平成2年) 鎌倉センタービル落成
1991(平成3年) LAN関連機器の自社製品販売開始
1994(平成6年) システム設計構築事業を開始
1995(平成7年) 3次元CG装置開発・OEM生産開始
1996(平成8年) 富士ソフト株式会社と資本提携
100MスイッチングHUB開発(国産初)・OEM販売開始
1997(平成9年) スイッチングHUB試験装置 開発・販売開始
1998(平成10年) 超LSI用電子ビーム露光描画システムの開発(通産省プロジェクト)
2000(平成12年) ICW(Intelligent City Walker)システムの開発(通信総合研究所との共同開発)
2001(平成13年) ATM対応ギガ・スイッチ発表
ギガ・スイッチングHUB発表
光対応スイッチングHUB試験装置 開発・販売開始
本社を鎌倉市台へ移転 台湾USIと技術提携
2003(平成15年) FTTH光スイッチングHUB 開発・販売開始
単体型メディアコンバータ 開発・販売開始
品質マネジメントシステムISO9001審査登録(藤沢工場)
2004(平成16年) 品質マネジメントシステムISO9001審査登録拡大(開発部門)
2005(平成17年) かまくらエコアクション21審査登録
環境省エコアクション21審査登録
2009(平成21年) 10G負荷分散装置・販売開始
2011(平成23年) L1 Patch Switch・販売開始
2012(平成24年) 電源設計製造サービス開始
2013(平成25年) Gbeレイヤ1スイッチを販売開始
2014(平成26年) 世界初 60Hz 8K光信号切替器販売開始
2015(平成27年) U-SDI対応8K放送信号音声多重分離光伝送装置販売開始
U-SDI対応フルレート120Hz8K光信号切替器販売開始
大型恒温槽、新型部品実装マウンタ(0603,0402)導入
PAGE TOP